UVを浴びたとき

UVを浴びたときにできるだけダメージを抑える方法を3つ紹介しましょう。

 

1.日焼けした場所を水で冷やす2.普段より多めに化粧水をパッティングしてしっかりと保湿3.シミにさせないためにめくれてきた皮をむいてはダメだ

 

現代を生きていくにあたって、身体の中には人体に良くない影響をもたらすケミカルな物質が蓄えられ、あろうことか私たちの体内でも老化を促進するフリーラジカルなどが発生していると言い伝えられている。

 

軟部組織マニプレーションというのは筋肉や骨が絡んで位置が合わない臓器を元来存在したであろうポジションにもどして内臓の作用を元に戻すという施術なのです。

 

夏場に汗をたくさんかいて体内の水分量が減少してくると自然に尿量が減らされて体温調節に欠かせない汗用の水分が備蓄され、この水分自体が実はむくみの原因になると言われています。

 

最近新たに脚光を浴びている頭皮ケアはスカルプケア(scalp care)とも称されています。

 

頭皮(スカルプ)は髪の毛の悩みの代表である「抜け毛」「薄毛」に密に関わると同時に、顔の弛みなどにも影響を及ぼすといわれています。

 

紫外線を浴びて発生したシミを消すよりも、作られないように事前に対策を施したり、肌の奥で出番を待っているシミの補欠を遮断することの方が重要だということを理解していますか。

 

唇の両端、すなわち口角がへの字型に下がっていると、お肌のたるみは格段に悪くなります。キュキュッと左右の口角を持ち上げた笑顔でいるように意識すれば、たるみも防ぐことができるし、何より佇まいが美しくなると思います。

 

ことに夜22時〜2時までの240分間は皮膚のゴールデンタイムで、お肌の新陳代謝が最も盛んになります。この240分の間に布団に入ることがどんな化粧品にも勝るスキンケアの方法だと考えています。

 

例えるなら…今、パソコンを見つつ頬杖をついているのでは?

 

この姿勢は手の平からの圧力を直接頬へ伝えて、繊細な皮膚に大きな負担をかけることに繋がります。

 

マスカラやアイカラーなどのアイメイクを落とすときにメイクをしっかり落とそうとしてゴシゴシこすって洗うと目の周りの肌が傷ついたり腫れる等の炎症を起こして色素沈着を招き、目の下の茶色いくまの一因になるのです。

 

審美歯科(cosmetic dentistry)とは、第一に美を考えた総合的な歯科医療の分野。歯の存在意義には機能面と清潔感を与えるなど審美的な側面があり、双方ともに健康面においては大切な要素であることは周知の事実だ。

 

早寝早起きを習慣付けることと週2回以上自分が楽しいと感じることをすれば、健康の度合いは上がるのです。

 

このようなケースも起こり得るので、アトピー性皮膚炎の方は皮膚科を受診してみましょう。

 

レチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)治療は、色の濃いシミをいち早く淡色にして目立たなくするのにすごく役立つ治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・女性ホルモンと関わりがある肝斑・しつこいにきびなどに使われます。

 

頭皮ケアの主だった目指すところとは健康的な髪を維持することだといえます。毛髪に潤いがなく乾燥して艶がなくなったり抜け毛が増えるなど、多数の人が髪の毛の悩みを持っているのです。

 

我が国では、肌色が明るくて黄ぐすみや濃いシミが見られない素肌を理想とする習慣が現代より前から浸透しており、「色の白いは七難隠す」という諺もあるほどだ。